2017年5月19日 (金)

明治という国家。

 坂の上の雲 第5巻を読書中だが、日露戦争もいよいよ本番、夥しい無駄死にが発生した二〇三高地の激戦や旅順艦隊撃滅のシーンが描かれていて、もうため息無しには読み進められやしない。
513sv086h1l_sx323_bo1204203200_
 戦後“軍神”と崇められた乃木希典が実は無能な参謀連に囲まれた無策の将軍で、見かねて指揮権を一時“借用”した、満州軍総参謀長の児玉源太郎が作戦変更を命令するや、あっという間に二〇三高地を占領し、すかさずその高地越しに旅順港のロシア艦隊を直接砲撃して壊滅させたくだりなんか、唸り声を上げながら読んでしまった。

 そして今夜、1980年の公開時に観た映画「二〇三高地」を37年振りにリバイバル。3時間もあったので飛ばし飛ばしで観たのだが、後半はいつしか早送りするのも忘れ、じっくりとしかも溢れる涙を禁じ得ずに見入ってしまったのであった。
2
 将たるものの“器”次第で結果がこうも異なるものか、と感心するのは簡単だが、一度要職に据えられれば無能であっても余程の事がない限り、おいそれと首をすげ替えることも出来ない、組織主義で非効率な日本社会の実態は、現在でもそんなに変わっていないのではないかと思ってしまう。
 指導者の見栄やメンツを立てるために無謀な作戦に駆り出され、無為に殺されてしまう一兵卒はたまったもんじゃない。
2_2
203
 今、過労死寸前の時間外労働にあえいでいる皆様、上司の指示はそんなにまともですか? その仕事にはそこまで身体や精神を酷使して働くほどの意味があるのですか?
 近代国家に成り立ての明治という国家には、帝国主義に呑み込まれまいとする自衛の戦争に命をかける意義もあったのでしょう。
 しかるにこの現代の、おもてなしだのコンプライアンスだのに過剰に反応し、規則を通せば道理が引っ込むかのような、まともな人間性を無視した息詰まる社会に、命を削ってまで追従していく価値なんてあるのでしょうか!?

 と、仕事なんかに自分の楽しみを奪われてたまるか精神で日々暮らしている、我が儘暴走中年が、つい一丁前の事を言ってしまいました。食いっぱぐれの心配の無い、恵まれた公務員めと叱られても言い返しようもありません。
(勿論、日頃デタラメな仕事をしている訳ではありませんが・・・)

 それにしても、当時22、3歳の夏目雅子の美しさよ・・・・・ 合掌。

2017年5月15日 (月)

3号車更新。

 昨日、新3号車となるGARNEOU/GARIBALDI G1が納車となった。
 目出度くCOPになった甥っ子に先代3号車のXC-SOILを譲与したため、その後任をサイクルショップたなかから予約購入したのであった。甥っ子も確かに自転車が必要だったとはいえ、渡りに舟のうまい理由付けで物欲を叶えた格好になったわい。

 色々と最小限の装備を取り付け、早速30kmほど乗ってみたが、35Cタイヤのおかげか今までで一番乗り心地がいいような。28Cタイヤ・クロモリフレームの2号車(スポルティフ)よりお尻に優しい。
 そして初のSRAMだが、独特のダブルタップ変速にもすぐ慣れ、至って快調にシフトする。しかもシングルクランクゆえ、当たり前ながらフロントディレーラーの操作から開放され、そもそもチェーンの斜めがけなど気にする必要も無い。

 これ1台で何にでも使えるような気になってきた。早くロングライドに使ってみたいのぉ。

■チェレステカラーに似ているが、ちょっち薄くしかもマット仕上げ。Kimg0318
■44Tのシングルクランク。BB回りも実にスッキリ。Kimg0322
■ディレーラーは、SRAM APEX1。11-42Tで11速。Kimg0321
■前後油圧ディスク。Kimg0324
■馬鹿でかいチェーンの脱落防止カバー! うーむ、外したい。Kimg0323
■脳幹梗塞で入院した市立横手病院をバックにパチリ。Kimg0325
 たなかでの納車時にちょうどフジイ氏がやってきた。前日(13日)に悪天候の中、200kmブルベを完走したばかり。お疲れの様子もほとんど見えず、驚異の体力、脚力は羨ましいばかり。
 私なんぞ、まだ160kmさえ走った事がない(笑) 暴走中年どころか、貧走老年に近いではないか。買ってばかりいないでもっともっと走れ! このヒヤミコギめが。

2017年5月13日 (土)

富山湾岸サイクリングコース&氷見昭和館

 4日(木)4号車(KHS)富山湾周辺を約80km漕いできた。強い風も吹かず、天気は快晴、久々に快適至極な自転車旅となった。

01
■道の駅氷見にN-BOXを停め、KHSで出発。02
■主に富山湾サイクリングコースをなぞるように走る。03
■青い点線を目印に進めば、大体コースどおりだが、一部迷う箇所も有り。04
■べた凪の富山湾。長閑だ。Kimg0212
■雨晴駅に寄る。今回一番の目標は、富山湾越しに残雪の立山連峰の雄大な姿を遠望することであったが、残念ながらこの日は春霞で見えず。Kimg0214
■駅の中に写真があった。本来はこんな感じに見えるのね。Kimg0215
■小矢部川を渡る。Kimg0219
万葉線の電車に遭遇。Kimg0222_2
海王丸パークにとうちゃこ。この優雅な橋は新湊大橋Kimg0228
Kimg0232
■何とエレベーターで上がって行ける自歩道があった。Kimg0243
“あいの風プロムナード”だと。ガラス越しなので眼下の眺望はイマイチ。
 長いので自転車に乗っていたら、自動音声で“貴方の行っている行為は人様の迷惑です・・・・”みたいな注意が最寄りのスピーカーから聞こえてきたので仕方なく押す。Kimg0246
Kimg0251
■サイクリングコースも海岸から離れ、住宅街に入って来たため、南へ転進する。Kimg0253
イタイイタイ病で有名な神通川を渡る。Kimg0254
■ローソンで休憩していたら、富山ライトレール(株)のポートラムが走って行った。真新しい車体が眩しい!Kimg0262
■富山は結構都会だねぇ。Kimg0274
■こちらは富山城。Kimg0281
■復路は内陸の県道を延々漕いで帰ったが、氷見市に入り、国道ばかり走っても味気ないと旧道に入ったら偶然見つけた氷見昭和館Kimg0285
■受付の小母ちゃんと暫く立ち話。オーナーが退職金をはたいて6年前にオープンしたのだと。Kimg0287
■以下、超懐かしい展示の数々。小母ちゃんの了解を得て撮りまくる。
 店主は中で似顔絵描きの真っ最中であった。Kimg0288
Kimg0289
■私はやはり若い頃の井川遥ちゃんが好き。今でも綺麗だが。Kimg0290
■“永森クルミ”ではありませんよ。Kimg0291
■いやー、奥行きもあって見所満載。この他に2Fにも沢山展示がある。Kimg0294
Kimg0300
■モデルカーの数々。1台1台ネームカードが付いているあたり、オーナーの愛情を感じる。
 私も昔はプラモデルを作ったが、こうやってショーケースに沢山展示した喫茶店を開業するのが夢だった時期もあったのぉ。Kimg0301
Kimg0302
Kimg0304
Kimg0305
■昭和30年代の氷見。Kimg0303
■懐古館は全国に多々あれど、ここは私的には最上級というほかない。またいつか再訪しじっくり時間をかけて見たいものだ。
 富山方面に旅行の方、一見の価値ありです!!!
1_2

2017年5月 7日 (日)

N-BOX、1400kmを駆ける。

 この3日(水)から5日(金)にかけて、4号車(KHS)をN-BOXに積み、富山県まで行って来た。

 例によって赤い着色が今回初走破道路。4
 取りあえず、3日間のN-BOX走破経路。

3日
R107→本荘IC=日本海東北道=金浦IC→R7→酒田みなとIC=日本海東北道=三瀬IC→R7→朝日IC=日本海東北道=豊栄SA=日本海東北道=北陸道=長岡IC→R404→新11→R291→R252→新25→R8→新488→新123→新468→R8→親不知IC=北陸道=流杉PA=北陸道=小杉IC→富58→R156→北陸健康センターアラピア(入浴のみ)→R156→富252→高岡IC=能越道=氷見IC→道の駅氷見

4日
道の駅氷見→富373→R415→富351→富231→R8→道の駅カモンパーク新湊→R472→富25→R41→R471→安房トンネル(中部縦貫道)→R158→長291→信州健康ランド(入浴のみ)→塩尻北IC=長野道=姥捨SA

5日
姥捨SA=長野道=豊田飯山IC→R117→道の駅信越さかえ→R117→R252→R352→新24→新9→新19→中之島見附IC=北陸道=栄PA=北陸道=日本海東北道=荒川胎内IC→R113→山10→山9→R287→道の駅白鷹ヤナ公園→R287→山110→R347→尾花沢IC→新庄北IC→R13→院内道路→こまちIC→横手IC


 狂騒のG.W、覚悟して出掛けたが、道路はともかく宿泊施設や道の駅はどこもかしこも超混雑であった。
 2箇所利用した健康ランドは、いずれも床まで人でいっぱいで、寝る隙間など皆無。それでもジャンジャン入館させやがる。一昨年は同じG.W中でも空いていたアラピアも今年は何故か人の海であった。

 結果的に、3日は道の駅氷見で車中泊。ここも300台以上ある駐車スペースはただの1台分も空いておらず、隣接の何だかよく判らないが公共用らしい駐車場に停めたのであった。
 4日の夜は、日中KHSで80km弱漕いだ後だったが、北アルプスを越えて長野県に入り、入浴後またまた走って、長野道は姥捨SAで車中泊。ここは何故か車も少なく寝場所に苦労はしなかったが寒かった。

 まあ何とか無事に帰って来たが、5日はもう寝不足で眠くて眠くて、何度停まって仮眠したことか。
 それでも肝心のサイクリングの方が最高に近かったのでよしとしよう。

2017年5月 1日 (月)

今週もやはり風は強い。

 23日(日)は、2号車(スポルティフ)でまたまた近隣を行き当たりバッタリで漕ぎ回った。
8
■R107を逸れて上法寺経由で出羽グリーンロードまで行き、すぐ折り返して途中に見つけた分岐に入ってみると、行き止まりに結構大きな牧場があった。Kimg0187
■広大な斜面の牧草地。Kimg0185
■正しく“牧場の春”という感じ。この激坂、とても漕ぎ上がる気にならず。Kimg0186
■R107に戻る直前に、右へ入る分岐を発見。入ってみると凄い坂が待っていた。大体凄い坂はコンクリート舗装である。Kimg0188
■登り切ったら何と大沢小学校の跡地であった。明治8年創立、平成20年3月に閉校。校舎は跡形も無い。こんな山間のしかも急坂の上では他に流用もしようがなかったか。
 それにしても児童はこの坂を毎日上り下りしたんだねぇ。Kimg0190
■後半は雄物川左岸を走ってみる。砂利道から舗装に変わって快適かと思えば、またすぐに舗装が途切れたり。Kimg0194
■どうも右岸側に比べると、連続して快走出来る距離が短い。Kimg0195
 毎年のことながら、春先は実によく強風が吹きますな! 暖気と寒気がしょっちゅう入れ替わり、毎日のように大気が大移動を繰り返すのだから無理もないが。
 向かい風だと我が貧脚では時速12km程度まで落ちてしまう。めげずにシコシコ漕ぐしかない。

 昨日(4/30)も強風で、自転車はやめてV-Strom650で走り回ったのだが、大型バイクでも高速上の横風は冷や汗ものだったわい。

 さて、G.W4号車(KHS)を積んで、車中泊で遠征してくるつもり。どうか穏やかな微風であってくれ。

2017年4月26日 (水)

岩手県自転車走破地図も8K化完了。

 リンク先“■走破地図■”の分県自転車走破図、岩手県を高解像度に作成し直した。
 下図は圧縮したものだが、実物のサイズは7870×11581ピクセルで軽く8K以上である。
Rb_2
■北上市周辺を拡大してみる。以前の3731×5432ピクセル版だとこの程度。2
■高解像度版はこんな感じ。1
 だからどうしたと言われれば身も蓋もないが、新たに走った経路をその都度描き込んで印刷し、寝酒を飲みながら眺めて一人悦に入るという習慣に最早どっぷりはまり込んでいる訳で、あわよくば全都道府県に足跡を印したいという夢想も止むことはない。

 実用的な意味では、走行の記録として眺めるだけでなく、部分的に拡大印刷して携行し、同じ所を二度走らないようにするための地図としても重宝する。

 ところで、40代後半から老眼が進み、自転車漕いでいてもATLASの画面や地図がさっぱり見えず、仕方なくルーペを持参していたが、最近こんなのを発見して早速ポチッとやってしまった。

 何とサングラスなどに“貼る老眼鏡”である。
Hai
 正にこういう商品を待っていた! 次回のサイクリングが非常に楽しみである。

2017年4月23日 (日)

V-Strom650、準備万端。

 週末となると決まって北西の冷たい風がピューピュー。桜は咲いたが、まだまだ本格的な春の暖かさになりきれない秋田県。
 更にうそ寒いことには、4月1日現在の人口が遂に100万人を切ってしまった。日本の総人口はまだほとんど減っていないのに、過疎県のこの惨めなまでの減りようは一体何なのだろうか!? そんなに都会に住みたいのか!? 秋田にはそんなにも働きたい職場が無いのか!?
 税金をありったけ使って卒業させてもらい、1円も払わずに都会に働きに出て、退職して年老いてから老後は秋田でとUターンして来てまた税金を使い倒す。一体どういう了見じゃ、ワレ!! と叫びたくもなる。

 冗談はさておき、オルタネーターのリコールのついでにV-Strom650に快適装備をプラスしたので、昨日は動作確認の意味で寒空の下少し走ってきた。
 10℃位しかない上に時折黒い雲から雨滴がパラパラと。身体が心底冷え切って、100km程度で帰ってきてしまった。
Kimg0173
■まずはDAYTONA製のグリップヒーター。SUZUKI純正だと22,000円くらいかかるが、これは僅か7千円程度。Kimg0170
■左グリップ付近が少しゴチャゴチャしてしまったが、バックミラーステーの前にあるのが、ナビのコントローラーで、その右にあるのがグリップヒーターのスイッチ。暖かさは4段階調節で色違いのランプで確認出来る。下から2番目で充分暖かい。
 バイク人生も32年目で初体験だが、こいつはいいぜぇ!! もうモコモコして使い難い冬用グローブとはさようならだ。Kimg0172
■ヘッドライト脇のポジションランプも片方切れていたので、LED製の黄色いのに交換。Kimg0175
■そしてユピテルのバイク専用ナビ“BNV-1”。去年付けた四輪用のはN-BOXで使う事にした。
 手元のコントローラーで音量と縮尺を簡単に変更出来る上に、走破地図を描くのに欠かせない機能として“ログビューアー”が付いているのが奮発して買った理由。その日の走行経路がナビ上で確認出来るし、PCに繋いでATLAS TOURで見る事も可能。これで走る度に地図に経路を書き込む必要も無くなった。Kimg0174
■更にジェットヘルも更新。今使っている奴はシールドの押さえ部品が何処かへ飛んで行ってしまった。
 同じOGK KABUTOの“ASAGI”だが、amazonで2万円で買えるなんていい世の中になったものだ。
 何がいいかってヘルメット左側のスイッチで簡単に出し入れ出来るインナーバイザーが付いている点。糖尿病網膜症を患った私はなるべく眼を保護しなければならないのだ。Kimg0169_2

 さてこれにて準備万端、いつでもこいだが、まずは圏央道、第二東名でも走ってみたいのぉ。どうせGWは鬼のように混むのだろうが・・・・・。

2017年4月15日 (土)

きな臭い。

 S.キングの70年代の古い小説デッド・ゾーンを今頃読んだ。
516krpf4r8l_sx334_bo1204203200_
 ネタバレになるかもだが、・・・・。
 交通事故による4年以上もの昏睡から覚めた主人公が、他人と握手したり触れたりするとその人の思考や将来の姿が脳内に瞬間的に映じてしまうという特殊な能力を身に付けてしまう。
 ある日、とある下院議員の演説会に出掛け、偶然にも議員と触れあうこととなったが、その瞬間見えたのは、果たして何年先かは不明なものの、当該議員が大統領になって・・・(略)
 そして主人公はまだ無名の下院議員のうちに、彼を殺そうとするが・・・(略)

 流石はキング、昔のでも滅法面白く、特殊能力を持たされた人間の哀しみが胸を打つ、余韻の残る小説になっている。

■読んでいる間、最近のニュースの影響か、何度もこの方の映像がちらついた。2

 さて、今週末も秋田県は天気がイマイチ。2週連続漕がないのも我慢出来ないので、明日は2号車(スポルティフ)を積んで隣県に出掛ける予定。

■貯まったamazonポイントで、ただ同然で手に入れた、三ヶ島のSPD互換Ezyペダルを装着してみた。Img_4412
 外した普通ペダルの方は4号車(KHS)に移植。輪行用の2号車、4号車間で気分によって使い回すことが可能になった。

2017年4月10日 (月)

雪消え間近。

 1日(土)は、2号車(スポルティフ)で自宅発着で約70km、近隣をデタラメに漕ぎ廻った。
4_2
■今日(10日)現在、積雪はゼロになったが、この日はまだ薄く残っていた。なので案の定風は冷たい。02
01
■大森町まで来て休憩。太陽光が冷えた身体をたちまち温める。03
■県道36号線沿いにあった矢神八幡神社。04
■相当古い模様。05
■矢神の集落にも分け入ってみる。06
■同じく県道36号から今度は郷集落に入ってみる。公民館脇にお馴染みの拓魂碑07
■昭和54年の建立で、後継の若者も育って誠に力強い、とか書いてある。昭和54年の若者といえば正に私の年代だが、38年後の現在、一体どうなっているのやら、回りの情景を見ただけでは判らない。
08
■そのまま舗装路を進むと、どこまでもしっかりとした除雪の痕があり、ちょっとした峠を越える感じになった。09
10
■峠部分には経塚遺跡が。横の説明書きは文字が薄れて読めない。11
■下り切ると、出羽グリーンロードから大沢に抜ける立派な道路に出たが、振り返って標識を見たら、この峠道は基幹林道であった。越えて来た坂は“ハアカ坂”というらしい。12
■更に適当に走り回り、最後に湯沢工業団地にも初見参。エプソンのでかい新工場など林立している。13
■漕ぎ出して間もなく通った浅舞地区。長年お世話になったサンクスはとうとう廃業していた。すぐ傍に7-11とLAWSONが出来たのではひとたまりもなかったか。14
■その隣にはずっと前に廃業した飲食ビル。この近辺のラーメン屋など皆潰れてしまった。ドンドン寂れていく我が郷土・・・・。

15
 もう横手盆地は走り尽くしたかと思っていたが、山間に行くとまだまだ未見の地域がありますな。

 さて白状するが、物欲を少し叶えてしまいました。Gngaribaldig1 4月下旬、Debutかな? 乞うご期待(笑)。

2017年4月 8日 (土)

恐怖はゆるやかに。

 昨日、糖尿病網膜症治療のための通算7回目のレーザー光凝固術を受けてきた。
 右眼が3回、左眼が昨日の4回目で取りあえず終了し、後は2ヶ月後に経過を見るということになった。
 今後、網膜の出血や新生血管の胚芽が新たに現れない限り、もうレーザーは必要ないということだ。

 昨日は左眼の残った悪い部分を一気に片付けたが、少々顔の怖い女医さんは機関銃の様に300発くらい打ちまくった。そのうち2割位は“ズンッ”と鈍い痛みが走るのだが、昨日の奴は今までで最悪に辛かった。今日で最後だと思って必死に堪えたのだ。

 さて、9月から続いた治療も漸く終わった! 実にホッとした。1、2年放置したら失明していたと言われていたが、どうやらその恐怖は去ったようだ。
 当の女医さんは、助手から今日が7回目と聞いて、「そんなにやったっけ!?」などと言っていたが。おいおい。

 因みにこのレーザー光凝固術、片目5万円、両目で10万円で、一度払えば何回やってもそれ以上はかからない。手術に該当するそうで医療保険で全額カバーされたのは幸いであった。

 あまりにスッキリ、安心したら、何だか物欲がメラメラと・・・。頑張って我慢したご褒美に!? 甘いねー。

«V-Strom650、始動。

広告。


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31